キャップボルトを購入して製品づくり向上|GoodChoice

男性作業員

材質選びで質決まる

ネジ

キャップボルトは材質で選ぶのも一つの方法です。全く新しい製品を創りだしていこうという時は細かい部分まで気を使って部品選びをしなければなりません。その際、全体的にプラスチック製品で作ったり金属で作ったりなどいろんな形式で製品が作られますが、キャップボルトの材質もそれに沿って選んだ方が良いのです。キャップボルトに使われている材質にはいろんなものがあります。例えば鉄、ステンレス、黄銅といったスタンダードなものから、セラミックスで作られているといったような珍しいものまでが存在しているのです。キャップボルトはこのように様々な素材で作られていますが、工業の専門家なら細かく特徴は知っていますが、専門でない職業の人はどこにどんな素材を使うことが適しているのかを知りません。できれば素材の特徴を調べてから購入をした方が良いです。

キャップボルトに使われている素材としてはアルミニウム、セラミックスなどがあります。アルミは一円玉にも使われている素材なのでわかりやすいですが、とても軽い素材となっています。このため、軽量化したい時によく使用される素材となっています。また、鉄で作られたキャップボルトでもいろんな焼入れの仕方があるので、鉄だからといって強度が一定ではありません。そしてステンレスですが、熱に強く腐食もしにくいのが特徴の素材となっています。そのため錆止めのコーティングが要らないので重宝されていますが、熱伝導率は高いので延びやすい性質を持っています。